東大阪市の内科・外科・循環器科・アレルギー科 内科外科西岡ファミリークリニック

当院を選んでいただく3つの理由

すべてはしあわせな人生の実現のために

東大阪市の内科外科西岡ファミリークリニックでは、内科・外科・循環器内科・アレルギー科の診療をしております。小さなお子さんから高齢の方まで、専門にかかわらずに可能な範囲で対応いたしますのでご相談下さい。また予防接種・往診も行っております。
薬による治療のみではなく、食事・漢方薬・マッサージなども取り入れて、患者さんが納得しながら一緒に作る医療をめざします。

内科外科西岡ファミリークリニック
院長 西岡 宏彰【循環器専門医・ 糖尿病療養指導医】

内科外科西岡ファミリークリニック7つの特徴

診療のご案内

  • 高血圧
  • 高脂血症
  • 動脈硬化
  • 糖尿病
  • 抗加齢医療
  • 骨粗鬆症
  • アレルギー・喘息
  • 舌下免疫療法
  • アトピー
  • 禁煙外来
  • 予防接種

当院で受けられる検査

お役立ち情報

お知らせ

2018/11/15
院長より
風疹にかかっていない方、ワクチンの確認をしてください。ワクチン接種をまだ受けていない方は、保健所で無料の抗体検査を受けるようにしてください。なお、わからない時は当院に来てください。
2018/11/15
【年末年始の診療について】
​ 年末年始の診療スケジュールは下記のようになります。

12月29日(土)午前診療まで・・・通常診療

12月29日(土)午後診療~1月4日(金)午後診療まで・・・休診

1月5日(土)午前診療より・・・通常診療


どうぞよろしくお願いいたします。
2018/11/8
ママさん応援
赤ちゃんの食物アレルギーについて。赤ちゃんによくあるのですが、口のまわりに皮膚炎を起こすと、食物の抗原が皮膚を介して体内に入り、アレルギー体質を形成するおそれがあります。口のまわりや頬の保湿は、保湿ローションや軟膏で十分スキンケアして、アレルギー発症を防ぎましょう。
2018/11/2
院長より
C型肝炎は治る病気になりました。90%以上がウイルス消失まで治療できる時代です。まわりにC型肝炎の方がおられましたら、進行性のこともあり肺癌の原因にもなりますので、一度相談に来てもらうとよいと思います。
2018/10/25
スタッフより、ワクチン接種のご相談についてのご案内
お子様のワクチン接種につきまして、お電話でのご相談が可能です。
ワクチン接種についてご質問のある方は、診療時間内に072-920-7326までお電話ください。
2018/10/18
インフルエンザワクチン接種開始のお知らせ
インフルエンザワクチンの接種を開始いたしました。
ワクチン接種をご希望の方は、072-920-7326までお電話ください。
2018/10/11
医療法人化のお知らせ
平成30年9月1日より、西岡ファミリークリニックは
医療法人宏西会(こうせいかい)西岡ファミリークリニックとなりました。
今後も地域の皆様の健康に貢献すべく邁進して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。
2018/10/4
看護師からのアドバイス
10月~3月は、風邪やインフルエンザにかかりやすい季節です。
外出から戻られましたら、手洗い・うがいをしっかりと行ってください。
2018/10/4
舌下免疫治療について
来年の春に向けて、スギ花粉対策として「シダキュア治療」を開始いたしました。
毎年春に花粉症でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
2018/9/28
インフルエンザワクチンについて
電話によるインフルエンザワクチンの予約は、しばらくの間、対応不可となっております。
申し訳ございません。
2018/9/28
午後診のマッサージは、対応不能のため当面中止しております。
2018/9/28
平成30年7月12日(木)、13日(金)日本動脈硬化学会(大阪国際会議場)に参加しました。
2018/7/11
平成30年5月25日(金)~5月27日(日)大阪国際会議場で日本抗加齢医学会に参加しました。
25日はハーバード大学のDavid A Sindair教授​が後天的な遺伝子周囲の変化で寿命が変化する事をデーターで示しました。又、Keioh大学の坪田教授が目のかわき、涙の減少と老化、眼のゴロゴロ感につきサプリメントや食事、生活習慣の影響につき述べられました。2日目26日は、腸内細菌と食物についてデーターの発表がありました。
2018/7/4
平成30年3月23日(金)、24日(土)日本循環器学会総会(大阪国際会議場)に参加してきました。
1)家族性高コレステロール血症の治療。
2)心不全の病態とミトコンドリア障害。
3)奇異性脳梗塞の発症原因などについて研究発表を聴きました。
2017/9/7
腎機能障害の治療
この数年間腎臓内科をやってきました。透析患者さんなど腎不全の方を含めて、腎臓に障害がある方はぜひご相談下さい。
腎臓病も、少なからず進行を遅らせ、あわよくば腎機能を回復させる時代に突入しつつあります。
2017/9/7
下肢静脈瘤の治療について
下肢静脈瘤は足の静脈がこぶのように膨れてしまう病気です。痛みがあったり、皮膚に着色が出てきたりして、美容上気にされている方も多い病気です。
原因は、大伏在静脈という静脈の本幹に逆流、深部静脈という中心を走る静脈に入る交通枝の逆流などがあります。

治療として一番効果的な方法は、まず代伏在静脈に手術を行った後、一部静脈瘤が残った場合、硬化療法という局所注射の治療を追加する方法です。
手術は約半時間から1時間で終わる比較的楽な手術で、日帰りで行います。手術といえば痛みを心配される方が多いと思いますが、局所麻酔の注射が終わったら、痛みはほぼありません。 手術で約70%が治りますが、交通枝が原因の静脈瘤が残ることがあるので、硬化療法を追加して行います。硬化療法は1ヶ月に2回行います。
2017/8/17
子宮頸がんワクチンは接種中止中です。
平成29年8月現在、当院では子宮頸がんワクチンの接種を中止しております。
どうぞよろしくお願いいたします。