ママさん応援情報

  1. トップページ >
  2. ママさん応援情報

お子様のワクチン接種のご相談

お子様のワクチン接種につきまして、よくわからなくて不安になられるお母さんもおられるかと思います。当院では、ご来院の前に、お電話でご相談頂くことが可能です。ワクチン接種についてご質問のある方は、診療時間内に072-920-7326までお電話ください。

プラセンタ注射

プラセンタ注射治療を開始しました。更年期障害の方は保険診療も可能ですし、自費でも多くの方に、できるだけ回数を多く受けていただけるよう金額は低くしています。
ほてり、発汗、イライラ、肩凝り、などさまざまな症状を起こす、更年期障害と呼ばれる女性特有の病態があります。(ひょっとして男にもあるのかも知れませんが)そのひとつの治療として、プラセンタ注射治療が効果的であった方が比較的多くおられます(評判が良い治療です)

当院では、プラセンタ注射治療を開始しました。更年期障害の方は保険診療も可能ですし、自費でも多くの方に、できるだけ回数を多く受けていただけるよう金額は低くしています。

妊娠前に風疹ワクチン対策を

お子さんを予定されている方は、妊娠の前に、風疹ワクチンを受けてください。また、だんなさんや家族の方も風疹にかからないように同時に受けていただくことをお勧めします。
妊娠初期に風疹ウィルスに感染しますと、胎児に重大な影響が出ることがあり、聴力障害や心臓奇形などを引き起こす恐れがあります。
お子さんを予定されている方は、妊娠の前に、風疹ワクチンを受けてください。また、だんなさんや家族の方も風疹にかからないように同時に受けていただくことをお勧めします。当院では、起こってしまうと重大な先天性風疹症候群を予防できるワクチンを接種してきたいと考えています。

小さなお子さんの気管支喘息についてのひとつの調査報告

ドイツで小児喘息の研究をしているグループが調査した結果に、乳幼児期に家畜を育てている牧場で、休暇の間になどに短期間でも滞在した子供は、都会から出なかった子供に比べて喘息を起しにくかったと報告しました。
これはNHKでも報道されたことがある内容で、参考までに聞いていただいたらよいですが、ドイツで小児喘息の研究をしているグループが調査した結果に、乳幼児期に家畜を育てている牧場で、休暇の間になどに短期間でも滞在した子供は、都会から出なかった子供に比べて喘息を起しにくかったと報告しました。同じ都会で学校や保育園に通っている子供たちでも差があるのはなぜかを調べたところ、親の実家が牧場の子供たちは喘息にかかる率が低かった。

その理由としては、牧場や家畜を飼育している場所では、土の中に家畜の糞便中の腸内細菌が含まれており、それを吸い込むことで、最近に対する免疫反応は促進するものの、真菌や細菌より大型の微生物に対する免疫反応が過剰になる現象が見られなくなった為、アレルギーが減少するとしている。