舌下免疫療法

  1. トップページ >
  2. 舌下免疫療法

舌下免疫療法とは?

最近、新しい治療法として注目を浴びているのが、スギ花粉症とダニアレルギーに対する舌下免疫療法です。
アレルゲンエキスを舌下(舌の裏)に滴下し、体をアレルゲンに慣らすことで、アレルギー反応を起こしにくくする治療法です。
スギ花粉症は12歳以上の患者さん、ダニ舌下免疫治療では12歳未満でも治療が可能になりました。

舌下免疫療法の方法

アレルゲンエキスを舌下(舌の裏)に滴下し、体に吸収させる方法です。
一日一回おこないます。
スギ花粉症の場合、6~10月に治療開始することが望ましいです。
ダニアレルギーは年中いつでも開始できます。

舌下免疫療法の特徴

初回はクリニックで行います。当初安定するまで、2週間に1回の受診が必要です。増量しても安定しているかを確認後、1か月に1回受診していただきます。自宅で服用できます。
治療はできれば3年間以上、毎日1回継続します。長く続けるほど効果が持続しやすく、治療開始1年目より、2年目の効果が強いようです。減弱しても再施行で早期に効果が回復することが言われています。

舌下免疫療法の効果

60-70%の人に症状を抑える効果がみられます。症状が完全に抑えられない場合でも、症状をやわらげ、薬の使用量を減らすことも期待できます。

副作用について

副作用はほとんど経験していませんが、

  • 口の中の副作用(口内炎や舌の下の腫れ・口の中の腫れなど)
  • 花粉症の症状
  • 咽喉(のど)のかゆみ
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛

などが報告されています。

重大な副作用(かなり稀な事ですが)

ショック、アナフィラキシーの可能性はあります。

体質改善を目指す免疫治療

舌下免疫治療以外に現在試みられている体質改善を目指す免疫治療としては、

  1. 皮下免疫治療:皮下注射で少量ずつアレルギー原因物質を注射し、徐々に反応を弱めていく方法
  2. アレルギーを起こす原因の食べ物を少量ずつ口から食べさせながらアレルギーを解除していく脱感作法

があります。

舌下免疫以外の免疫治療は、生命の危険もあるアレルギー反応を起こす可能性もあり、入院が可能な決められた施設でのみ行われております。