予防接種・ワクチン外来

  1. トップページ >
  2. 予防接種・ワクチン外来

予防接種で病気に対する抵抗力を高めよう

風疹の流行

風疹は、妊娠初期の女性が感染すると先天性風疹症候群という病気を発症する恐ろしい病息です。
日本ではワクチンの副反応が問題となった時期があり、受けなければいけないワクチンから外れていたことがあり、その影響もあって最近、罹患率の上昇が見られています。

このようにワクチンによって予防できる、かかると恐ろしい病気があります。
風疹のほか、ポリオ、麻疹、おたふくかぜ、インフルエンザ菌髄膜炎、肺炎球菌髄膜炎、日本脳炎などです。

ワクチンの種類と時期

ワクチンには菌そのものを弱めた生ワクチンと、菌そのものは入っていないが毒素や菌の一部が入っている不活化ワクチンの2種類があります。

インフルエンザ予防接種

2019年度インフルエンザ予防接種の受付は終了しました。